関西ビジネスインフォメーション株式会社 省エネサポーター
関西ビジネスインフォメーション株式会社

 お問合せ・お見積

お電話でのお問合せ
  • 大阪06-6449-2651
  • 東京03-5829-4710

受付時間:平日 9:00~17:45

「省エネ計算」の件とお伝えください

コラム

2025年、全建築物に「省エネ基準義務化」の見通し。省エネ性能の一層の向上へ。

  • 省エネサポート
  • お知らせ

2022.01.25update

※ 2022年5月2日情報更新 ※
建築物省エネ法改正が、2022年4月22日閣議決定。
2050年カーボンニュートラルの実現に向け、建築物分野での省エネ対策を加速。

(参照HP)
「脱炭素社会の実現に資するための建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律等の一部を改正する法律案」を閣議決定 2022.4.22 報道発表資料(国土交通省サイト)

2025年、全建築物に省エネ基準義務化へ

省エネ対策等の進め方

 2025年度に、戸建て住宅を含めた全建築物の省エネ基準への適合義務化

 2030年までに、基準をZEH・ZEB水準の省エネ性能に引き上げ&適合義務化

 

国土交通省は、脱炭素社会の実現にむけ、今後の住宅・建築物について 「省エネ性能の一層の向上」「 木材の利用促進」「既存建築ストックの長寿命化」の3つの観点から、省エネルギー対策と建築基準制度の見直しを進めていくと発表しています。

そのうち「省エネ性能の一層の向上」として、「2025年度以降に新築する全建築物に省エネ基準への適合を義務付ける」と発表されています。省エネ基準への適合確認が容易な場合(仕様基準)は省エネ適判が不要となり、義務化に伴う負担が軽減されます。あわせて仕様基準の更なる簡素化・合理化を進める方針です。

その先には、「2030 年度以降、新築される住宅・建築物について、ZEH・ZEB基準の水準の省エネルギー性能の確保を目指す」更に「2050 年に、住宅・建築物のストック平均で ZEH・ZEB 基準の水準の省エネルギー性能が確保されていることを目指す」といった方針が発表されています。

 

(下記HPより引用)

省エネサポーターが「省エネ計算」をお手伝いいたします!

私どもは大手エネルギー事業者(大阪ガス)の100%出資グループ会社で、省エネルギーに関する届出・申請・計算代行はもとより、エネルギーに関する各種ノウハウのご提供やコンサルティングにも強みをもっております。
上記のほかにも、省エネルギーに関することで、ご質問等がございましたら、お気軽にKBI省エネサポーターにお問合わせください。
それではどうぞよろしくお願いいたします。

 

↓↓↓ KBI省エネサポーターのサイトはこちら ↓↓↓

 

一覧ページに戻る

Category

Backnumber

トップページに戻る