働き方改革って、何をしなければならないの?

「働き方改革って言われても、何をしなければならないの?」

最近話題の「働き方改革」、みなさまは何か取り組んでいますでしょうか?
「働き方改革って言われても、何をしなければならないの?」
大企業を中心にテレワーク、サテライトオフィス、副業OKなどに取り組んでいます!
というニュースや記事を目にする事が多くなりましたね。

そもそもなぜ、いま、働き方改革に取り組む必要があるのでしょうか?

ご存知の方も多いかと思いますが、2018年6月29日に「働き方改革関連法案」が可決・成立されました。
もはやこれは国の法律として各企業が義務として取り組まないといけない事なのですね。
このページでは「えっ!そうなの?うちはまだ何も取り組んでいないんだけど!」という方もご参考いただける、
●働き方改革関連法のポイント
●働き方改革支援ツール


についてご紹介します!
「働き方改革って言われても、何をしなければならないの?」
  • ◆目次◆
  • 1.働き方改革関連法のポイント ~働き方改革って、何をしなければならないの?~
  • 2.働き方改革支援ツール ~これ1つで社内の生産性がグンとアップ!~

1.働き方改革関連法のポイント
~働き方改革って、何をしなければならないの?~

まずそもそも、なぜ国が働き方改革を声高く叫んでいるのでしょうか?
原因は「労働力人口の減少」「少子高齢化」が大きく関わっています。
  • 人口減少により国内全体の労働力が減少の一途を辿る
  • 子育てとの両立ができず出生率が低下し、少子化に歯止めが効かず
  • 今後団塊世代が高齢化し、介護との両立ができず介護離職が多数発生

→全体的に労働力減少の負のスパイラルに!


このままでは経営資源である「ヒト」が減少し、日本経済の発展はどうなっていくの?と
不安になりますよね。各企業においても労働力の確保は大きな不安材料です。


そこで国をあげて、労働環境や長時間労働を是正し、「多様で柔軟な働き方の実現」による労働力不足の解消、労働生産性向上により経済発展を実現する事を目的に働き方改革が進められているのです。

働き方改革関連法のポイント

働き方改革関連法の主な施策は以下の通りです。
  • 1時間外労働の上限規制(罰則付き)
  • 2労働時間の客観的状況の把握
  • 3有休取得の5日義務化
  • 4勤務インターバル制度
  • 5同一労働・同一賃金
  • 6高度プロフェッショナル制度
働き方改革関連法のポイント
働き方改革関連法の対応として、重要なポイントとしては主に従業員の労働時間に関する制度の見直しが行われているという事です。
中でも「①時間外労働の上限規制」については、時間外が年間720h、複数月平均80h、単月100hの上限を超えた場合、罰則として、雇用主に半年以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。
法違反により企業の信用にも関わるため注意が必要です。
2019年4月に施行が決まっており、もう目前に迫っています。
働き方改革関連法のポイント

2.働き方改革支援ツール
~これ1つで社内の生産性がグンとアップ!~

みなさまは働き方改革と聞いて、どんなキーワードが浮かび上がりますでしょうか?
残業削減、コストダウン、社内コミュニケーションの改善、ワークライフバランスなど色々出てくるかと思います。

しかし、いざ取り組もうとしても壮大なテーマでなかなか前に進めることは簡単ではないですよね?
そこで、働き方改革の一つの方法として、
「働き方改革を簡単に始めるツール“ ABook ”」についてご紹介します。
万全のセキュリティで情報漏洩の心配無し!データ自動暗号化・公開範囲設定

ABOUT ABook

会議資料・マニュアル・商品カタログ・営業資料など、さまざまなコンテンツを
クラウドで簡単に一元管理し、パソコンやタブレット・スマートフォンで、
スマートワークを実現する業務効率化ツールです

このツール1つで、
社内外のあらゆる “ 業務効率化 ” が可能に!

このツール1つで、社内外のあらゆる “ 業務効率化 ” が可能に!

  • 資料準備が大変な会議をペーパーレスに
  • 分厚いマニュアルを電子化更新も手間いらず
  • 重たいカタログもモバイル化で手軽に持ち運び
  • 社内・社外どこでも情報共有が簡単に
  • 高度なセキュリティ環境

実績数

SCENE & MERIT

  • 1.

    ペーパーレス会議

    ペーパーレス会議
    共有した資料を一括管理。
    さらに印刷コストや手間を大幅に削減できます。
    オフラインでも表示できるので、いつでもどこでも閲覧可能です。
  • 2.

    資料・マニュアル共有

    資料・マニュアル共有
    印刷物のデジタル化で軽量化が図られ、持ち運びがとても楽に。
    管理者が更新した情報は各デバイスに反映されるので、常に最新情報を手にすることができます。
  • 3.

    商品カタログ

    商品カタログ
    商品カタログや会社案内などをタブレットなどにダウンロードして、手軽に持ち運べるようになります。デジタル化されることで必要な情報を素早く取得することができます。
  • 4.

    営業支援ツール

    営業支援ツール
    カタログや提案書に音声や動画などを組み合わせてリッチコンテンツに。
    タブレットで視覚的にプレゼンテーションし、お客様への訴求力を高めます。
  • 5.

    接客補助ツール

    接客補助ツール
    メニューや商品の資料をデジタル化してタブレットへ。店舗内、受付窓口、イベント会場など対面接客時の補助ツールになります。
    言葉だけでは伝えきれない情報を補足します。
  • 6.

    社内研修

    社内研修
    社内研修や教育現場でタブレットなどを使用したアクティブ・ラーニングを実現できます。
    「一方的な研修・授業」から「参加型」へと変わることで学習定着率が高まります。

We Can Do it!

  • 会議資料・マニュアル・商品カタログ等を簡単にペーパーレス化!
  • 営業・販売・現場作業者が社外でも高セキュリティな環境で情報を簡単に持ち運びできる!
  • 編集ツールで資料の修正・更新もサクサク簡単に行い、社員に瞬時に情報共有!
  • →しかもクラウドサービスだから、驚きの低価格!
このツール1つで、
社員の作業効率化、経費の削減、
コミュニケーションの活性化、モバイルワーク等

実現する事が可能です!

働き方改革への取組みのきっかけ、一つの方法として、
ご興味をお持ちの方は是非お気軽にお問合せください。