電話でのお問合せ

メールでのお問合せ無料トライアル
Robo Pat
働き方改革って、何をしなければならないの?

「働き方改革って言われても、何をしなければならないの?」

最近話題の「働き方改革」、みなさまは何か取り組んでいますでしょうか?
「働き方改革って言われても、何をしなければならないの?」
大企業を中心にテレワーク、サテライトオフィス、副業OKなどに取り組んでいます!
というニュースや記事を目にする事が多くなりましたね。

そもそもなぜ、いま、働き方改革に取り組む必要があるのでしょうか?

ご存知の方も多いかと思いますが、2018年6月29日に「働き方改革関連法案」が可決・成立されました。
もはやこれは国の法律として各企業が義務として取り組まないといけない事なのですね。
このページでは「えっ!そうなの?うちはまだ何も取り組んでいないんだけど!」という方もご参考いただける、
●働き方改革関連法のポイント
●働き方改革支援ツール


についてご紹介します!
「働き方改革って言われても、何をしなければならないの?」
  • ◆目次◆
  • 1.働き方改革関連法のポイント ~働き方改革って、何をしなければならないの?~
  • 2.働き方改革支援ツール ~RPAで働き方改革を簡単に始める!~
    Robo Patについて

1.働き方改革関連法のポイント
~働き方改革って、何をしなければならないの?~

まずそもそも、なぜ国が働き方改革を声高く叫んでいるのでしょうか?
原因は「労働力人口の減少」「少子高齢化」が大きく関わっています。
  • 人口減少により国内全体の労働力が減少の一途を辿る
  • 子育てとの両立ができず出生率が低下し、少子化に歯止めが効かず
  • 今後団塊世代が高齢化し、介護との両立ができず介護離職が多数発生

→全体的に労働力減少の負のスパイラルに!


このままでは経営資源である「ヒト」が減少し、日本経済の発展はどうなっていくの?と
不安になりますよね。各企業においても労働力の確保は大きな不安材料です。


そこで国をあげて、労働環境や長時間労働を是正し、「多様で柔軟な働き方の実現」による労働力不足の解消、労働生産性向上により経済発展を実現する事を目的に働き方改革が進められているのです。

働き方改革関連法のポイント

働き方改革関連法の主な施策は以下の通りです。
  • 1時間外労働の上限規制(罰則付き)
  • 2労働時間の客観的状況の把握
  • 3有休取得の5日義務化
  • 4勤務インターバル制度
  • 5同一労働・同一賃金
  • 6高度プロフェッショナル制度
働き方改革関連法のポイント
働き方改革関連法の対応として、重要なポイントとしては主に従業員の労働時間に関する制度の見直しが行われているという事です。
中でも「①時間外労働の上限規制」については、時間外が年間720h、複数月平均80h、単月100hの上限を超えた場合、罰則として、雇用主に半年以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。
法違反により企業の信用にも関わるため注意が必要です。
2019年4月に施行が決定しており、早期取組みが求められています。
働き方改革関連法のポイント
時間外を削減することだけが全ての目的ではありませんが、このような背景もあり、最近各企業がRPAの導入や在宅勤務など、時間外削減・生産性向上への取組みを積極的に進められているのですね。

では、働き方改革を進めるにはどのような方法があるのでしょうか?

2.働き方改革支援ツール
~RPAで働き方改革を簡単に始める!~
Robo Patについて

みなさまは働き方改革と聞いて、どんなキーワードが浮かび上がりますでしょうか?
残業削減、コストダウン、社内コミュニケーションの改善、ワークライフバランスなど色々出てくるかと思います。

国内企業の取組み状況はどうなっているのでしょうか?

働き方改革への取組みは世の中に浸透しつつあり、働き方改革に取り組んでいる・取り組む予定の企業は全体の76%となっております。しかし、企業規模別にみると社員数300名以下の中小企業においてはまだ65%と全体と比較して十分に取り組みが進んでいません。
実際に取り組んだ企業の69%が効果を感じ始めており、いち早く取り組むことで効果・成果を享受できることを示唆しています。
2.働き方改革支援ツール
しかし、いざ取り組もうとしても壮大なテーマでなかなか前に進めることは簡単ではないですよね?
そこで、働き方改革を進めるための一つの方法として、
働き方改革を簡単に始める、「RPAソフト “ Robo-pat ”」についてご紹介します。
RPAとは、 Robotic Process Automation の略称名で、パソコン上で行う作業を自動処理することにより、生産性の向上=長時間労働の是正・コストダウン等のメリットを生み出すソフトウェアのことです。
2017年中頃から急速に注目度を増しているRPAは、労働人口の減少や高齢化、働き方改革に対する関心の高まり、業務のコスト削減や均一化などを背景に、2018年も勢いが衰えることなく、幅広い業種、業務に導入が進んでいます。

2017年度のRPA市場は前年度比約4.4倍の売上金額35億円と急速な伸びを示しました。
2018年度も引き続き同2.5倍の高い伸びが予測されており、今後も継続的な導入拡大が見込まれることから2022年度には400億円市場となり、2017年度から10倍以上の拡大が予測されています。(出典:株式会社ITR)
「働き方改革って言われても、何をしなければならないの?」

数あるRPAソフトの中でも、
おススメなのが「Robo-Pat」です。

(2017年10月の正式リリースより、2019年1月時点で累計導入ライセンス発行数が500ライセンスを突破!)

Robo-Patは技術部門に頼らず
業務自動化を実現するために開発された純国産のRPAソフトで、
プログラミング等の専門知識がなくても簡単に始められる
ことが大きな特長です。

「働き方改革って言われても、何をしなければならないの?」
また、月単位の契約で、業務量に応じて必要最小限のコストで運用可能であり、1ヶ月無料トライアルができますので、導入する前に実際に触ってみてその効果を実感することもできます!
導入企業が急速に増加しているRPAを
簡単に始めてみませんか?


働き方改革への取組みのきっかけ、一つの方法として、
ご興味をお持ちの方は是非お気軽にお問合せください。