教育

おすすめプログラム

報告・連絡・相談研修

2021.11.09更新

報告・連絡・相談はチームや組織で活動する社会人においては「当たり前」な基礎スキルです。

講義による体系立てられた説明と、ワークによる報告・連絡・相談を受ける側の体感を通じて、
報連相の重要性を「知る」だけでなく「わかる」ことを第一の目的としています。

また、その上で、基盤となる「話や文章の順序」「事実と意見の分離」などを中心に、実際の現場で報連相がより「使える」ために必要なエッセンスを学びます。

研修概要

人数 最大30名 ※ご相談に応じます
日数 3.5時間
対象 新入社員・若手社員・中堅社員

スケジュール例

オリエンテーション 1)自己紹介 2)研修のゴールイメージ共有
ホウレンソウについて再度整理 1)報連相の真の目的とは 2)違いを説明できますか 3)必要なものの見方・考え方
報告・連絡・相談の前の「受命」 1)前提としての「受命」 2)受命のポイント
実践的エッセンス「報告」 1)報告の役割とポイント 2)相手の立場で「報告」を体感 3)論理的コミュニケーションのコツ
実践的エッセンス「連絡」 1)連絡の役割と効果 2)スムーズに連絡をするコツ
実践的エッセンス「相談」 1)相談の役割  2)相談の2種類  3)問題解決につながる相談の仕方
アクションプランの設定 1)情報の整理と振返り 2)質疑応答 3)アクションプランの策定
  • おすすめプログラムトップに戻る
  • 次へ
Contact お問合せ

メールでのお問合せ

お問合せフォーム

お電話でのお問合せ

お電話でのお問合せ