教育

おすすめプログラム

新人・若手対象 『レジリエンストレーニング ・ オンライン研修』(3時間版)

2020.09.07更新

今回ご紹介する「レジリエンストレーニング」研修は新人・若手に対し、以下のような悩みや希望を持った企業様におススメの研修です。

◆失敗を避けがち。またミスをしたとき、凹みすぎて立ち直れていない。
◆上司や先輩から注意をされると、「注意されたこと」にばかり落ち込んでいて、
 肝心な内容に関心が及んでいない
◆失敗や、周囲の叱咤を成長の糧として捉え、自己成長させていける人材になって欲しい

レジリエンスは、復元力・精神的回復力といったメンタルヘルス分野の言葉で表されることが多いですが、広義に捉えると『変化対応力』を意味しています。

学生から社会人への環境変化に適応できず、しんどい思いをしている新人や
異動や上司が変わったことなどでやりづらさを感じている若手が
レジリエンス研修を受けると、マイナスな状況や状態をゼロ、またはプラスに転じれるようになります。

詳細プログラムをメールでお送りできますので、
興味を持たれた方は、下記までメールにて気軽にお問合せください。
------------------------------------------------------------------------------------
<お問い合わせ先>
関西ビジネスインフォメーション(株) 教育企画チーム  高田・町田
Mail:kbi-education@kbinfo.co.jp
お問い合わせの際は、メールタイトルに「レジリエンスプログラムについて」、
メール本文に貴社名・部署名・ご担当者様名を記載ください。
------------------------------------------------------------------------------------

  • 研修メルマガ会員募集中

研修概要

人数 最大20名(ご相談に応じます)
日数 3時間(ご相談に応じます)
対象 新人・若手

スケジュール例

1.レジエンスとは
1)レジリエンスとは? レジリエンスとは何か、なぜ今必要なのかについて解説します
2)レジリエンスを鍛えるステップ レジリエンスを強化するステップ「底打ち・回復・教訓化」について解説します。
2.ネガティブ感情・状況への対処方法を学ぶ
1)ネガティブ感情の特徴 ネガティブ感情はいくつかの特徴があり、種類があります。自分が抱きやすいネガティブ感情の種類を明らかにし対処方法を学びます。
2)ストレスへの対策・悪循環になる前にすべきこと セルフケアプランを作成するワークや、呼吸法など、自身のレジリエンスを高める具体的な方法を習得します。
  • おすすめプログラムトップに戻る
  • 次へ
Contact お問合せ

メールでのお問合せ

お問合せフォーム

お電話でのお問合せ

お電話でのお問合せ